イベント・宣伝PR

2018/12/14~12/16東北遊樂日@華山文創園區

今年で東北感謝祭も5周年を迎えました。2014年から、東北地方は東日本大震災での台湾の多大な支援に感謝、恩返しをするとともに、東北地方の復興、元気な姿を台湾人の方々に感じてもらいたく、毎年年末になると皆さんと一緒に楽しめる事にワクワクしながら台湾を訪れています。

今年東北遊樂日堂堂邁向五周年,從2014年起日本東北希望回饋台灣在東日本大震災給予的協助,也想讓台灣人感受到他們已經復興,充滿元氣的樣子。於是在每年的年末帶著祝福與感謝的心意前來台灣與大家同樂。

 

今回弊社は、「一関、平泉、登米、栗原」の4市町と「北秋田」のブース担当しました。

豊富な観光情報の他にも、ブース内ではその場にいらしたお客様に明治時代の女子学生の服装を体験できるコーナーも提供しました。

夢之日此次負責了「一関、平泉、登米、栗原」四市町以及「北秋田」的攤位,

除了豐富的觀光資訊之外,攤位內還提供體驗明治時代女學生服裝的袴讓現場的來賓們試穿。

 

そして今回特別に東北から持ってきた地元の郷土料理「はっと」、その場で実際に作り台湾人の方々に調理法などシェアしました。はっととは、ニョッキのような形をした小麦粉料理で登米人のおふくろの味でもあります。これを食べたらみんな体が温まり始めました~

這次更特別從東北帶來了當地的鄉土料理「Hatto」,現場烹調分享給台灣的朋友享用。類似麵疙瘩的Hatto是登米人媽媽的滋味,來上一碗整個人都暖和了起來。

 

東北のお米や米製品は非常に有名で、もち食文化もあり、今年の東北感謝祭にはなんと!!日本のうすを台湾まで持ってきちゃいましたよ~!!

その場で、蒸したもち米を使用し餅つきも行われ、いらしたお客様も一緒に体験していただき、仕上げは、お餅に東北特産のずんだをのせて出来上がり~。みんなで美味しくいただきました。

東北的稻米及米製品都是相當出名的,也有很特別的年糕料理文化,而在今年的東北遊樂日我們把日式的搗麻糬搬到了台灣,在現場製作由日本的糯米蒸製成的麻糬,也開放讓來賓們一起體驗,最後的成品加上東北特有的甜毛豆泥,現場的朋友們都稱讚不已呢~

華山文化創造園のイベント会場では、秋田竿燈、岩手三颯舞、津軽三味線などオリジナルの素敵なパフォーマンスも開催され、地元のお祭りに負けないほどの興奮と盛り上がりでした。

在華山文創園區的活動會場,也帶來了原汁原味的秋田竿燈、岩手三颯舞、津輕三味線等精彩表演,熱鬧程度不輸給當地的祭典。

ご来場されたお客様の楽しみでもある東北の様々なグルメやお酒、美景。

今年の東北感謝祭でも皆さまに東北の濃厚な味や元気いっぱいな姿を感じていただけたら幸いです!

各種美食、美酒、美景更是讓來場的朋友不亦樂乎。希望今年也藉由東北遊樂日的活動,讓大家感受到東北濃濃的人氣味與滿滿的元氣!

 

http://gboriginal.com.tw/daisuki_tohoku2018/